丸目加工

アルミ電解コンデンサの組立工程において、 リード端子の先端部が誤って封口ゴムやアルミケースと接触し、 損傷や破損に繋がってしまうことがあります。

リード端子の先端部に丸目加工を施すことで、 組立工程における損傷や破損のリスクを低減し、 アルミ電解コンデンサの信頼性向上に貢献しています。

未加工品と丸目加工との比較図

丸目加工品(左)を未加工品(右)とを比べてみると、丸目加工品は先端部がなめらかになっていることがわかります。

アルミ電解コンデンサ用リード端子に関するお問い合わせ