← アルミ電解コンデンサ用リード端子

表裏判別可能タイプ

Front and Back Discriminative Type
表裏判別可能タイプ

リード端子の圧延面がアルミ箔にカシメられる際、 バリが発生している面がアルミ箔と接触した場合、 アルミ箔切れを起こしショート不良発生につながる可能性が高いため、 アルミ箔が接触する面はバリが無いことが重要となります。

リード端子の表裏判別が可能になる事で、バリの無い面をアルミ箔側に揃えることが出来るようになり、 バリによるアルミ箔切れを原因とした電子機器の動作不良を防止できます。

湖北工業では金型を改善し、 表裏がはっきりと判別可能となる形状を実現しました。

表裏判別可能タイプの表面・横面・裏面の拡大図

アルミ電解コンデンサ用リード端子に関するお問い合わせ