← アルミ電解コンデンサ用リード端子

片リブタイプ

One-side Rib Type
片リブタイプ

アルミ電解コンデンサの静電容量をより大きくするために、素子(アルミ箔)をより多く内包するための方策が常に求められています。

湖北工業はアルミ電解コンデンサ用リード端子の圧延部の位置に着目し、限られたスペースに従来よりも多くの素子を内包することが可能な形状を作成しました。

標準タイプ(右)と比較すると、片リブタイプ(左)は
圧延部が側面に位置しているのがわかります。

標準タイプと片Rタイプとの比較

アルミ電解コンデンサ用リード端子に関するお問い合わせ