← アルミ電解コンデンサ用リード端子

ノーバリノーエッジタイプ

Burr-free and Edge-free Type
ノーバリノーエッジタイプ

リード端子に対して素子(アルミ箔)を巻き付ける際、 リード端子の角に接した箇所から素子がちぎれてしまうことがあります。

湖北工業ではプレス工程と金型の形状の改善を組み合わせることにより、 リード端子の角にバリが生じない生産方法を実現しました。

断面図を比較すると、 標準タイプ(上)には一方の角にトゲ状のバリが発生していますが、 ノーバリノーエッジタイプ(下)にはいずれの角にもバリがみられません。

標準タイプとノーバリノーエッジタイプとの比較図

アルミ電解コンデンサ用リード端子に関するお問い合わせ